減量しても体重が減らない時には

体重を減らすために減量に精を出していても、効果が上がらないことがあります。

体重が減っている時は問題ありませんが、いくら努力しても減量しない場合には、やる気が失せてしまいます。

心身共に負荷の大きいダイエットをしている時に、なかなか減量効果が確認できないとなると、続けていること自体が苦痛になってしまい、中断しかねません。
脱毛エステサロン京都.xyz

ダイエットをしていると、始めのうちは体重がしっかり減っていたのに、ある時を境に減らなくなることがあります。

食事の量を減らしても運動を行っても、体重が全く減らないことにイライラしたりして、志半ばで挫折してしまう人も多くいます。

人には、ホメオスタシスという機能が備わっているために、ダイエットをしていると、体重が減らなくなるという症状が起こりえます。

カロリー摂取量が極端に減ると、人間の体は緊急事態が発生したと思って、ホメオスタシスによって体重が減りすぎないように働きます。

食事が全く摂れなくなる飢餓状態が来たときでも、人間の体は脂肪を利用して、命を維持できるようになっています。

短期間であまりにも早く脂肪が使われると、人間の体は飢餓状態に陥っていると見なされてホメオスタシスが機能し、できるだけ少ないエネルギーで生きていこうとします。

ホメオスタシスは永続する機能ではないので、大体1カ月程度で終了し、再び体重が減り始めますので安心です。

ここでダイエットをやめてしまうと逆に体重が増えてしまうことになるので、焦らずに今まで通りの減量を続けていくことが大切です。

継続的なダイエットを成功させるためには、ホメオスタシスが働いている時は体重は減りづらくなるということを理解して、気長に減量を継続することがポイントになります。